東京本社従業員の帰宅訓練実施について

2019年10月24日

株式會社神戸製鋼所

當社では昨日、大規模災害によって長期にわたり交通網が遮斷された場合に備え、徒歩による帰宅訓練を実施致しましたので、概要をお知らせ致します。帰宅訓練は、2011年3月11日に発生しました東日本大震災で多くの「帰宅困難者」が発生した事を踏まえ、大規模災害を想定した①安否確認の訓練、②災害時帰宅支援ステーション等の確認、③歩行距離による疲労度の確認等を行うために実施するものです。今回が7回目の開催となります。當社は、今後もこうした訓練を通じて危機管理意識を高め、不測の事態に備えて參ります。

1. 開催日時:
2019年10月23日(水) 14時30分~17時
2. 參加者:
當社東京本社地區に勤務している當社および當社グループ會社従業員
約2,000人中、122人
3. 訓練內容:
交通機関が不通になったとの前提で、會社から基本的には主要幹線道路を使用して徒歩で帰宅する事を想定し、訓練目的地(もしくは自宅)に移動する。

訓練目的地?距離及び所用時間

方面 訓練目的地 距離 所用時間目安
北西方面 JR渋谷駅 7.8km 約1時間50分
南方面 JR蒲田駅 8.6km 約2時間
南西方面 東橫線多摩川駅 8.7km 約2時間
東方面 JR東京駅 9.0km 約2時間
自宅 自宅
  • 參加者は、14時30分以降、目的地別に會社を出発。
  • 事前に配布している「災害時帰宅支援マップ」を所持し、ルート上の広域避難場所やコンビニの災害時帰宅支援ステーションステッカーの有無を確認しながら、訓練目的地に移動。
  • 訓練目的地到著時(自宅が目的地の時は自宅)、遅くとも17時の時點で職場に安否確認の連絡を入れて終了。

帰宅訓練の様子

帰宅訓練の様子

お知らせの內容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ

福建快3开奖结果